ホームページに戻る片づけ3つのルール片づけの流れを知る住みたくなるお部屋

「片づけの流れ」を覚えよう

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】
≫お部屋片づけブログ≫激安家具でお部屋の整理整頓紹介します

 片づけは順序を間違えると途端に面倒くさくなるものです。
 片づけがしたくなったから、といって、いきあたりばったりに手をつけても うまくいきません。たとえば、「本を棚に並ベ始めたけれど、量が多すぎて人りきらず途方にくれ、結局片づけるのを諦めた」とか、「きちんとしまえるように収納家具を買ったのに、出し人れしにくい場所にしか置けず、結局使わなかった」など。
 片づけはいったん流れを間違えると、とても面倒くさくてムダが多いものになってしまいます。しなくてもいいことに時間をかけてしまった、結局リバウンドした、ではせっかくのやる気もしぼんでしまいます。
 では、どうやったら一番少ない労力と時間で片づけができるのでしょうか。 効率的に片づけられる、しかも片づいた部屋をキープしやすい「片づけの流れ」には次の4つのステップがあります。まずはこれを頭に入れましょう。

STEP@モノを処分する

 モノが少ない=片づけがラクになる、というのはすぐ想像がつきますよね。部屋にあるものをしまったり整理したりする前に、不用なものを処分すると片づけがぐっとラクになります。もっと言うと、この作業なしで片づけを始めても、絶対にうまくいきません。
 ここでいう「処分」とはとにかくモノを捨てなさい、ということではありません。自分の価値観やライフスタイルに合わせて、本当に必要なものだけを厳選し、不用なものは家の外に出すこと。
 モノを処分し始めると今までぎゅうぎゅうだった収納場所に空きスペースができ、「ここにあれを入れたい」などと考えてしまいがち。でも、処分の途中で中途半端に収納を始めてしまうと、後で二度手間になる恐れが。ここはぐっと 我慢して、1つのコーナーの不用品をすベて処分してから、次のステップに移りましょう。

STEPA定位置を決める

 STEP@で不用品が処分され、部屋にあるモノが減りました。スペースにも余裕ができました。でも、どんなにモノが少なくても、置き場所が決まらなければ、いつまで経っても部屋は片づきません。
 次のステップとして、残った大切なモノたちの 「定位置」=「住所」 を決めていきましょう。といっても、ただなんとなく決めたのでは、結局定位置に戻せず、すぐ散らかった部屋にリバウンドしてしまいます。 持ち主である自分が一番ラクできる場所を選ぶことが大切。いくつかコツがあるのでしっかり理解しましょう。

STEPBしまい方を決める

 定位置が決まったら、どんな「入れ物」にどうやって入れるかを考えましょう。
 片づけ下手さんの収納の合い言葉は「ラクチン&シンプル」。とにかく簡単ですぐに片づけられる「入れ物」と「入れ方」を覚えましょう。
 また、部屋や場所によってもいろんな片づけワザがあります。自分の部屋にふさわしい「入れ物」と「入れ方」を見つけて、やりやすいようにアレンジしながら取り入れていきましょう。

STEPC片づけた部屋をキープする

 STEP@〜Bでモノがスツキリ使いやすく片づいた部屋を実現できても、これでおしまいではありません。 大切なのはこの状態をキープすること。 誰だって1年365日、ずっときれいな部屋をキープし続けるのはムリですが、散らかり始めの状態から早めに元の状態に戻すことを心がければ、片づ いた状態をより長くキープすることは可能です。
 そのためには、 @出したら定位置に戻す。 Aモノを増やさない。 この2点を守ることがとても大切です。

最初は狭いところで試してみる

 「片づけの流れはわかったけど、どこから手をつければいいかわからない……」。そんな人は多いはず。いきなり広い範囲を片づけようとしても、途中でイヤになってしまいますから、最初のステップ@〜Bの3つのステップを、小さな範囲から試していくのがコツです。
 おすすめは玄関や水回りなど、狭くて置くモノが限られている場所。ステッ プ@〜Bまで、それほど時間はかからないし、片づけた後のステップCもそう難しくはないはずです。一度この4つのステップに沿って片づけが成功すると、自分の考え方までスッキリしてくるような気がするから不思議。1か所が片づくとはずみがついて、別の場所もがんばろうという気にもなれます。
 そして、どのステップでも合理的な工夫をして、できるだけラクに片づくしくみとワザを考えることが何より大切。 片づけがストレスにならないよう、ズボラ&ラクチンワザをフルに活用しましょう。

ホームページに戻る片づけ3つのルール片づけの流れを知る住みたくなるお部屋

このページのトップへ
inserted by FC2 system