ホームページに戻る置き場所を変更する避難所的置き場所置き場所をラベリング

一時的な居場所=避難所を必ず確保する

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】
≫お部屋片づけブログ≫激安家具でお部屋の整理整頓紹介します

 部屋中のモノについて、現時点でベストの置き場所を決めることができたとしても、これでもう、部屋はいつもすっきり、迷子なし……というわけにはいきません。
 たとえば、脱いだ服をすぐに本来の置き場所であるクロゼットにしまわずにその辺にポンとかけたり、読みかけの本をソファ横のサイドテーブルに置きっばなしにしたり、とか、ありがちですよね。
 また、「ちょっとだけ、いさせてね」と、外出先でもらったモノや仕事場からも ち帰った資料、届いたばかりの宅配便やDMなど、置き場所を決めていないモノたちが、突然部屋にやってくることもあります。
 そんなはみだしモノたちを、毎回速攻で片づけられればいいのですが、すぐに は時間が取れなかったり、またすぐ着る服だから……と置きっぱなしにしてしまう人は多いはずです。
 そんなときに「また散らかった〜」「いちいち戻してもキリがない」とイライラ するのは、体に毒。それよりも、使うたびに戻していては時間がムダになるときもある、と割り切って、モノの一時的な居場所=避難所を作ってあげましょう。

カゴやイスの背が便利な収納スペースに

 「避難所」の作り方は超カンタン。
 小物類の居場所はカゴ、洋服類の居場所はイスの背などと決め、とっさに住所に帰れないモノたちを一か所にまとめるだ けでOK。こうすれば、はぐれモノが部屋中にバラバラと散乱せずに済み、見た目にもスッキリ片づきます。
 ただし、避難所はあくまで一時的なもの。期限がきたらさっさと本来の置き場所に戻す、というルールは絶対厳守します。
 これがきっちり守れないと、避難所にモノがどんどん重なりながら増えていき、しまいにはそこに何があるのかまったくわからない謎の吹きだまり状態に。これでは、せっかく住所を決めた苦労が水の泡です。  定則的に避難所を見直し、不用なモノを捨てたり、必要なモノを本来の置き場所に戻す時間を取りましょう。
 毎回置き場所に戻すなんてムリという片づけ下手さんも、週に1回とか、カゴがいっぱいになったら、くらいのゆるめのルールを決めておけば、せ−の!と勢いづけてがんばれるはずです。
 一時的にモノを置いておくスペースを数か所作っておき、ときどき本来の置き場所に戻す時間を作ることが肝心です。

ホームページに戻る置き場所を変更する避難所的置き場所置き場所をラベリング

このページのトップへ
inserted by FC2 system