ホームページに戻る避難所的置き場所置き場所をラベリング○○○

片づけ場所が瞬時に判断する

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】
≫お部屋片づけブログ≫激安家具でお部屋の整理整頓紹介します

 「使ったモノを片づけようとしたけれど、置き場所がわからなくなっちゃった」とか、「せっかくしまったのに、どこに何を入れたか忘れてしまった」「この場所に片づけたはずなのに、入ってない。なんでだろう?」なんていう失敗は、カゴや引き出しに放り込み収納をした場合、よくありがちです。
 どんなに判断力や記憶力がいい人でも、一瞬でどこに片づけるべきかを判断したり、どこに片づけたかを思い出すのは至難の業。
 でも、瞬間的にそれを判断できなければ、片づけはおっくうになるばかり。収納したモノが見えなくなる場合、 何も考えずに無意識にそこに戻せるよう、モノの置き場所がひと目でわかる工夫が必要です。

ラベルを貼るだけでモノがみるみる片づく

 そこでおススメなのが、ラベリング。
 ラベルとペンをカゴの中に入れておいてモノを使うとき気づいたらササッと書いて貼ればいい、くらいの気軽さで挑戦してみてください。
 「筆記用具」とか「お金・支払い関係」といったように大ざっぱでOK。ラベルさえ見つかれば、そこにあるモノが取り出せるし、片づけられる。これって、かなりラクチンです。
 出し入れに頭を使わずに済むということは、習慣化もしやすいということ。 ラベルのおかげで出しっぱなしのモノを片づけるクセがついちゃった、なんて こともあります。
 ただし、気になるのが見た目。家中のモノすべての「住所」 にラベルが貼ってあったら便利かもしれないけど、ちょっとうっとうしいかも。
 引き出しやボックス、扉付きの棚の内部、などに限定しておきましょう。
 何が入っているかをラベルに書いて見えないところに貼り、 モノの置き場所がすぐわかるようにしておきましょう。

ホームページに戻る避難所的置き場所置き場所をラベリング○○○

このページのトップへ
inserted by FC2 system