ホームページに戻る住みたくなるお部屋憧れの部屋を眺める片づけを楽しくする

「憧れの部屋」のビジュアルを毎日眺める

≫何でも売っちゃお!≫本・DVD・ゲーム・フィギュア・ホビー等まとめて売れる【いーあきんど】
≫高く売っちゃお!≫全国の買取価格が比較できる日本最大級のポータルサイト【ウリドキ】
≫お部屋片づけブログ≫激安家具でお部屋の整理整頓紹介します

 「理想の部屋といってもあまり現実味のない ″すてき過ぎる部屋″を参考にしてしまったら、自分の部屋とは違い過ぎて参考にならないんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。「インテリア雑誌やショップを眺めるくらい今まで何度も繰り返してきたけど、だからといって部屋はキレイにならなかったわ」と言う人もいるかもしれません。
 でも今回は違います。今までのようにただ瞬間的に眺めて「いいな」と思うだけでは、すぐやる気が萎えてしまうのは当たり前。大事なのは、毎日必ず目に入るところに「自分が暮らしたい部屋」のビジュアルを貼る、ということ。「憧れの部屋」のビジュアルを毎日眺める、ただそれだけのことで、常に目標を意識することができ、自然にやる気をキープし続けることができるからです。 実はこれ、潜在意識を味方につけた科学的にも裏付けのある夢実現のテクニック。 写真を眺めるだけでOKなのですから、ズボラさんにはぴったり。ぜひ試してみてください。
 「今の自分の部屋を憧れの部屋に近づけるにはどうしたらいいだろう」「これだったらマネできそう」とワクワク考え始めるようになったらしめたものです。 「片づけがしたい」とスイッチが入るのは時間の問題です。 いざ片づけを始めて、 途中でイヤになったときも、あなたが集めた「理想の部屋のイメージ」の出番。 くじけそうなあなたを励ます強い味方になってくれるはずです。

目標を投定して毎日楽しみながら片づける

 片づけられない人の言い訳として、「毎日忙しくてヒマがない」「いつかはまとめて時間を取って片づけようと思ってるんだけど……」などがあります。もちろん、これではいつまで経っても片づきません。
 よく「夢を実現するには、夢に期限をつけることが大切」と言われますが、 片づけだってそう。理想の部屋を具体的にイメージできるようになり、どうやって片づけるべきかの流れを理解したら、いつまでに何を実行するか期限を決めて、片づけのスケジュールを立ててみましょう。これを生活に組み込むこと=ズボラ&ラクチンに片づく「しくみ」になります。
 まずは一番大きな目標として、誰かを部屋に呼ぶ計画を立てます。気になっている男子や友人を個人的に招くほか、ホームパーティを開くことにしてもいいでしょう。さっそく日付を決め、あなたが愛用しているスケジュール帳に書き込みましょう。余裕を持った片づけスケジュールを組むためには3か月後ぐらいに設定するのがいいでしょう。もし片づけがはかどったら、前倒しすればいいのですから。相手に「うちに遊びに釆て」と声をかける日も、予定日の1〜2週間前に設定し、これもスケジュール帳に書き込んでおきましょう。
 次に決めるのは中目標です。4月10日〜17日は玄関、18日〜25目は脱衣所など狭い場所から始め、だんだん広い場所へと、片づける範囲を決めていきます。
 そして最後に小目標を考えます。小目標はできるだけ具体的に、実際すぐ取りかかれそうなものにするのがコツ。たとえば「マイルームのテレビボードの引き出しの不用品処分」など、15分くらいでできることにしましょう。終わらなかったら翌日に回していいし、気分が乗ればそのまま続けてもOKです。
 平日は1日15分×1〜2セット、週末で1日15分×2〜8セットが目安。自分のライフスタイルと気分に合わせて、ムリなくできそうなことをピックアップしていけばOKです。成果がわかりやすいよう、1か所を片づけたら、次は今済ませた場所の隣り合わせになるところを片づけるようにしてください。毎日小さな目標を確実に実行できれば、片づけた場所は少しずつきれいになり、達成感を味わえます。「私にもできるかも」という自信と「やってよかった」という満足感を重ねながら、次の場所にチャレンジすることができるはず。楽しみながらムリせず少しずつスッキリ片づいた場所を増やしていきましょう。

ホームページに戻る住みたくなるお部屋憧れの部屋を眺める片づけを楽しくする

このページのトップへ
inserted by FC2 system